ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

リメイク編み止めチャーム

お気に入りに保存 1人

投稿者: 兎タバ子

リメイク編み止めチャームの作り方

このハンドメイド作品について

クロッシェ派だからチラシバスケットを作るための8号棒針しか持ってない、編み止めキャップも持ってない、それでもざっくり編みをしたいがために生まれたアイテム。

材料

  • 使わない手袋の指部分、編みぐるみのパーツ等
    二個一組
  • 細い毛糸
    適宜
  • 綿、毛糸くず等
    適宜

道具

  • 裁ちバサミ、糸切りバサミ
  • 編み物用綴じ針

作り方

  • 1
    手袋の指部分や、編みぐるみのパーツなどを解体し、なかに綿や毛糸くず等を詰めて口を縫い絞って完成。

    棒針に付けずに綴じ針用のミニピンクッションとしても使えます。
  • 2
    毛糸くずは解体した時に出た使い様のないものでO.K.

    これを私はピンクッションや編みぐるみ、ぬいぐるみの中身にもしてしまいます。
  • 3
    最も初期に使っていた『編み止めキャット』。
    モヘア製で軽いけれど制作途中の編みぐるみだから大き過ぎるし、見た目がスプラッタなので専用品を作りました。
  • 4
    トップの『編み止めりんご』には葉っぱを付け、『編み止めキャンディ』は素材の派手さをそのまま活かしています。
    アースカラーな素材なら耳を付けて顔を刺繍して動物にしても可愛いです。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

棒針を刺し込んでから先端に輪ゴムや細ゴムを巻いて固定します。
ぎっちり編みならゴムのみで大丈夫なんですがね……。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

兎タバ子さんの人気作品

「リメイク」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.