ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

骨の脱脂*アクセサリーパーツに

お気に入りに保存 33人

投稿者: kikurage*

骨の脱脂*アクセサリーパーツにの作り方

このハンドメイド作品について

個性派さんに♪
森ガールなアクセサリーなんかにプラスしても可愛いと思います。

11.1.27作業工程の画像追加しました。あと所々追記
行程4と6の画像で容器が違いますが同じもので大丈夫です^^

材料

  • 手羽先や手羽元などの骨付き肉
    作りたいだけ
  • ポリデントなどの入れ歯洗浄剤
    手羽先2本:洗浄剤1個ぐらいを目安に
  • 除光液(成分にアセトンが入っているもの)
    骨が浸かるだけ

道具

  • 蓋の出来る容器

作り方

  • 1
    お肉を美味しくいただきます。
  • 2
    骨に残った肉をほぐすため、鍋で1時間ほど煮込みます。
    ラーメンのスープの匂いがします。
  • 3
    鍋からあげて、柔らかくなった肉や軟骨をむしって一つ一つ骨を取り出します。
    細かい骨を流さないように注意。
  • 4
    取り出した骨を容器に入れ、骨が浸かるだけのお湯と入れ歯洗浄剤をいれ、1~2日放置。

    酵素にこびりついた軟骨を剥がれやすくしてもらいます。
  • 5
    1~2日後取り出して、残った肉や軟骨を綺麗に取り除きます。
    ここまでで骨の表面に付いた肉などは全て取り除きます。

    まだ油でヌルつく為、流しで作業する場合骨を流さないよう注意><
  • 6
    ここから油抜き。
    骨を蓋の出来る容器にいれ、除光液を注いで蓋を閉めます。
    そのまま2~3日放置。
  • 7
    除光液を洗い流し、乾かして完成♪

    蓋を開ける時は換気推奨。除光液の匂いがキツイので><

このハンドメイド作品を作るときのコツ

・除光液のアセトンは「ノンアセトン」「アセトンフリー」でないものなら大体入ってます
・除光液は色付きのものだと、骨に色が移る事があります。
・煮る、入れ歯洗浄剤、除光液、いずれもやりすぎると骨がもろくなります
・鶏の年齢や健康状態によって元々骨のもろさが違うので、様子を見ながら時間を調節して下さい

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

kikurage*さんの人気作品

「パーツ」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:2

  • kikurage*さん
  • *かにぱんさん*
    コメントありがとうございます♪
    是非挑戦してみてください^^
    手羽先やケンタッキーなんかはひとつの肉からいろんな形の骨が取れておもしろいですよo´v`o
  • 2011/1/29 21:05
  • かにぱんさん
  • 骨違い…傘の骨画像ですいません(汗
    すごい!!手羽先の骨がこんなに綺麗になるんですね!!
    次骨付き肉を食べたらやってみたいと思います(●´□`●)ノ
  • 2011/1/27 04:00


最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.