ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

型染めの手ぬぐい

お気に入りに保存 20人

投稿者: こだま亭

型染めの手ぬぐいの作り方

このハンドメイド作品について

好きなイラストを描いて、型にして染めていく…。小さな絵柄の型紙でも、繰り返して、絵柄を大きな模様のようにしてゆけます。
オリジナルの手ぬぐいを作ってみませんか?

材料

  • 晒生地
    90㎝
  • 浸染用防染糊
    約20g
  • シリアス染料
    必要濃度量
  • 無水芒硝
    染めるものの量に対して5g/L
  • 洋型紙
    必要型紙+5㎝

道具

  • ボール(小)
  • 駒ベラ
  • しゃもじ
  • デザインカッター

作り方

  • 1
    下絵を描きます(今回はハガキサイズにしました)。
  • 2
    型紙に下絵を写し、デザインカッターで彫り抜きます(染めでは、型紙を切り取ることを、彫り抜くと言います。由来は型彫り職人は、何枚も型紙を重ね、同じ形を刀で彫り抜いているからです)。
  • 3
    彫り終わった型紙です。
  • 4
    手ぬぐい生地に、②でつくった型紙を配置したい所へチャコペン(水で消えます)で印をつけます(今回は4カ所に配置することにしました)。
  • 5
    ボールに糊を入れて、しゃもじで混ぜます。しゃもじから糊を駒ベラに取ります。
  • 6
    ④で印をつけた所に、型紙を置きマスキングテープで止めます。糊を彫り抜いた形に置きます(ヘラの角度を約45 度にして、上から下にヘラを動かすようにします)。
  • 7
    糊置きが終わり、型紙をはずしている所。
  • 8
    糊置きが終わった所です。
  • 9
    糊をドライヤーで乾かします(一晩置いても、乾きます)。
  • 10
    ⑪に⑩を浸けます。染液から布がでないように、手で染液を動かすように混ぜます。5分から10 分(染まり付きをみながら、染める時間を決めます。)
  • 11
    染め液をつくります。5ℓの湯に、染料、無水芒硝を溶かします。熱湯をバケツに用意し、⑩を湯通し、します(染まり付きがよくなるため。)
  • 12
    染め終わったら、ぬるま湯につけて余分な染料を取り、次に水に付けます。。
  • 13
    浸染用防染糊(60℃以上で固まり、水に溶ける性質があります。)を、洗い落とします。糊を落とし、余分な染料を洗い終ったら、きれいな布に包み、
    洗濯機で30秒程、脱水し、干します。
  • 14
    アイロンをかけます。
  • 15
    アイロンをかけ終わりました。
  • 16
    後片付け編/
    ⑨の糊置きが終わったら、水に型紙を浸けておきます(糊を落としやすくす
    るため。)
  • 17
    型紙の糊を、落としています。
  • 18
    ⑱の型紙をふきます。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

浸染用防染糊は、絵柄に糊を置いたら、完全に乾かすのが大事です。又15分以上浸けると糊に染料が入ってしまいますので、5分〜10分染めるのがポイントです。
「染色材料店の紹介」
田中直染料店 TEL/FAX:075-351-0667
http://www.tanaka-nao.co.jp

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

こだま亭さんの人気作品

「型染めの手ぬぐい」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.