ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

タオルドレス

お気に入りに保存 10人

投稿者: az

タオルドレスの作り方

このハンドメイド作品について

単なる手ぬぐいタオルだけど、そんな手ぬぐいタオルがトイレや洗面所を華やかにしてくれますよ

材料

  • ハンドタオル35cm四方
    2枚
  • 綾テープ幅2.5~3センチ20cm
    2本
  • ロックミシンを使わない方はバイアステープ
    適量

作り方

  • 1
    タオルを15cmと20cmの幅に切り分ける。(2枚とも)
    15cm側をA、B。20cm側をC、D
    20cm側のCとDの切り口にロックミシンをかける。
    使わない方はそのままで
  • 2
    15cm側を使って上のビスチェを作ります。
    Bを4分割する。
  • 3
    4+3 1+2のように中表で合わす。
    山形にしたいので、下になる部分の端(タオルの耳側)から3センチの所と上の角とで斜めの線をひく。
    線の部分を縫う

  • 4
    線から斜線側にロックミシンをかけ、切り離す。
    ロックを使わない方は、線から1cm位斜線部分を残しカット。バイアステープで包む
  • 5
    ロック部分(バイアス部分)を倒し、押さえミシンをかける

    反対側も同様につくる。
  • 6
    二枚を中表に合わせ中央部分を縫い合わせロックミシンをかける(バイアステープで包む)ロック(バイアス)部分を倒して押さえミシンをかける
    ビスチェの前部分のカタチが完成
  • 7
    中央に当たる所から10cm下に線を引き、上の部分の出来上がりを決める。
  • 8
    Aの生地から後ろ身頃と肩紐を取るので裁断時は注意してください。
    後ろ身頃の大きさは⑦で線を引いた出来上がり寸法+縫い代のサイズで作る
  • 9
    前身ごろと後ろ身頃を中表にあわせ、両脇部分を縫う
    余分な部分を切り落とし、ロック(バイアス)処理をする。
    ロック部分を倒し押さえミシンをかける
  • 10
    表に返し前身頃の余分な箇所を切り落とす
  • 11
    肩紐を作る。
    Aの残り生地から肩紐をとる
    35cm×3cm~4cmを1本とり、真ん中で切ると17.5cm×3~4cmが2本出来る事になります
  • 12
    肩紐生地と綾テープを中表で重ねる。
    テープが両端余るように置く
    赤線部分を縫う。(テープの1~2ミリ内側を縫う)
  • 13
    表に返し、押さえミシンをかける。
    もう片方の縫い代を内側に折り、縫う
  • 14
    両端のはみ出たテープ部分をタオル生地側に折り、肩紐を縫い付ける
    前は、ビスチェの山の部分に縫うと良い。
  • 15
    上完成
  • 16
    C、D生地の切り口にギャザーを作る。
    上の部分の完成サイズに合わせてね
  • 17
    スカート部分と上の部分を中表にあわせ縫い付ける。前後とも
    ロック処理をしていない方は、縫い代のバイアス処理をする
  • 18
    表に返す。
    ロック(バイアス)部分をビスチェ側に倒し、押さえミシンをかける。

    はい。お疲れ様☆完成です

このハンドメイド作品を作るときのコツ

ビスチェの山の角度は工程3の角度で決まるので、確認してくださいね
フェイスタオル1本からでも作れますよ。その際はビスチェの山形部分か、スカートの裾の部分はバイアステープ等で処理してください。
ハンドタオル二枚使用の為、ハンドタオルの上下のフチにあたる部分を利用しているので処理を省いています。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

azさんの人気作品

「タオルドレス」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.