ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

革のブレスレット

お気に入りに保存 113人

投稿者: white×blue

革のブレスレットの作り方

このハンドメイド作品について

 アクセサリーはいくつあっても嬉しいものです。
金属と革の相性はとってもいいので、小さなチャームを付けてポイントに。
 作り方はとっても簡単ですが、専用打ち具などが必要です。

材料

  • 厚みのある革(2.5mm)
    38cm×1.4cm
  • バネホック(直径1.1cm)
    1セット
  • ハトメリング(9mm)
    3セット
  • 丸カン(5mm)
    1つ
  • チャーム
    1つ
  • 刻印
    1つ

道具

  • 穴あけパンチ
  • ハトメリング打ち具NO300
  • バネホック打ち具
  • 万能打ち台
  • 金づち

作り方

  • 1
    端から1.3cmのところにバネホック用の穴を開ける。
  • 2
    打ち具を使ってバネホックを付ける。
  • 3
    付けた状態。
    革の表部分を撮影。
  • 4
    反対部分の革にもバネホックを付ける。
    革の表部分を撮影。
  • 5
    端から4cmのところに7mmの穴を開ける。
     ハトメリングを入れる。
  • 6
    ハトメリング専用打ち具で付ける。叩きすぎると革がちぎれるので注意。
  • 7
    同じように4cm間隔に全部で3つのハトメリングを付ける。
  • 8
    ハトメリングとは反対側の端から8cmのところに1.5mmの穴を開けて丸カンでチャームをつける。
  • 9
    水にしっかりつけて、革に浸透させてからタオルで握るように水気を取る。
  • 10
     ほぼ乾燥したところで刻印を打つ。
  • 11
    完成です!

このハンドメイド作品を作るときのコツ

 洗うことで革がかなり縮みます。革によっては縮みが強いのでサイズに気をつけてください。
 今回のサイズは私の手首が14cmでちょっとゆったり目な感じです。
水に浸すことで革の表情が変わるので楽しいです。
 打ち具は硬いところの上で必ず叩いてください。
バネホックやハトメがゆがんでしまいます。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

white×blueさんの人気作品

「革のブレスレット」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.