ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

重要なお知らせ

宝物フラッグ

お気に入りに保存 14人

投稿者: クロヤギシロヤギ

宝物フラッグの作り方

このハンドメイド作品について

ボタンやドライフラワー、拾った貝殻、どんぐり、ちいさなお人形などを入れて、お部屋を飾るフラッグです。
mt wrapの透ける性質が、宝物をとてもきれいに見せてくれます。

パーティの時にお菓子を入れて、壁の低いところに貼れば、きっと子どもも大喜び!

材料

  • mt wrap Sサイズ
    16cm×3カット
  • 刺繍糸
    適量
  • レース糸
    適量
  • ビーズ用白糸
    適量
  • ビーズ
    適量
  • 星形スパンコール
    適量
  • チェック柄スパンコール
    適量
  • 色紙
    1枚
  • まるい銀紙
    3枚
  • ジョーゼットリボン
    適量
  • トランスパレントペーパー(透ける紙)
    色数分
  • ポンポン
    6個
  • シール
    適量

道具

作り方

  • 1
    mt wrap Sサイズを16センチにカットし、フラッグをつくっていきます。第一の旗には星座をバッグステッチで刺繍します。
  • 2
    星の部分に白い糸でビーズをつけます。ところどころ星形スパンコールでアクセントをつけても◎。完成後、物を入れる時に引っかからないよう、ひとつつけたら玉留めをし、カットしましょう。
  • 3
    二つ折りにして、シールなどで飾ります。

    (※写真では分かりづらいですが、キラキラ光る星のシールを貼っています)
  • 4
    第二の旗には、銀のレース糸を使い、キラキラ模様を刺します。mt wrapの水玉模様をガイドにすると、刺しやすいです。
  • 5
    二つ折りにし、シールなどで飾ったあと、星の形に切ったトランスパレントペーパーを入れます。中に入れる紙に、香水を吹きかけてもステキ!
  • 6
    第三の旗には、色紙でつくった蝶々を縫い留めます。銀のレース糸で真ん中を短く縫ったあと、上からぐるぐると、蝶の胴体をつくるように縫います。触覚はバッグステッチで。二つ折りにします。
  • 7
    必要な数のフラッグをつくったら、下の2隅にポンポンを縫い留めます。結び目は裏に来るようにしましょう。
  • 8
    まるい銀紙の真ん中に、ジョーゼットリボン→チェック柄のスパンコール→ビーズの順に縫い留めます。
  • 9
    裏にトランスパレントペーパーでつくった星を貼り、玉留めを隠します。
  • 10
    紐を通します。太めの針を使って刺し通していくか、あらかじめ目打ちなどで穴をあけてから通しましょう。ずれないよう、玉結びを忘れずに。
  • 11
    できあがり! おすきな場所につるして、おすきなものを入れてください。外の模様と中に入れたものが重なり合う様子がたのしいです。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

mt wrapはしっかりとした素材なので、刺繍に向く素材です。すくい縫いではなく、ひと針ずつ通すと上手にできます。

テープ部分を縫ったあとは、針がベタベタするので、糊を拭いてからしまってあげてくださいね。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

クロヤギシロヤギさんの人気作品

「mt wrap」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.