ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

ほんの少しのはぎれがあれば。貝の口

お気に入りに保存 123人

投稿者: お菊

ほんの少しのはぎれがあれば。貝の口の作り方

このハンドメイド作品について

縮緬で作られているのをよく見ますが、別の素材で作るとまた表情が違って楽しいです^^
※パーツが出来あがってからの組み立ての順番ですが、まだ試行錯誤中です。やりやすい方法や順番を探して下さい><

材料

  • 布(外側)
    型Aに縫い代を足した分×3
  • 布(内側)
    型Bに縫い代を足した分×3
  • キルト芯
    型Aに縫い代を足した分×3
  • テレカ(もしくは下敷き)
    3枚(一枚)
  • ※今回はピンクのやつがテレカの役割をするパーツです

作り方

  • 1
    型紙を作ります。
    画像のようにテレカサイズの紙を4つに折り、曲線を描きます。
    一旦広げてみてバランスを確認。

    おkなら切り抜きます。
    これが【型紙A】です
  • 2
    型紙Aを厚紙に写し、2~3mm小さくして切り抜きます。

    これが【型紙B】です。
    ※型紙Bはアイロンをかける時にも型として使うので、厚紙で作って下さい。
  • 3
    外布を型紙Aに縫い代1cm弱付けて3枚裁断する。

    同様にキルト芯を3枚裁断

    ※ほつれやすそうな布なら接着芯等を貼って補強して下さい
  • 4
    内布に型紙Bに縫い代1cm弱付けて3枚裁断する。

    ※内側もふっくらさせたい場合はキルト芯も用意して下さい。

    ※内布をフェルトにした場合は型紙Bそのままで裁断します。
  • 5
    型紙Aの大きさでテレカを切る。

    切りぬいたテレカの端の尖った所は少し切り落として下さい。

    尖ったままだと布に負荷が大きいので、薄い布だと縫ってる時に穴が開く事も;
  • 6
    内布の周囲をぐし縫いし、中に型紙Bを入れた状態で引き絞る。
    そのままアイロンをかけ、厚紙を取り出す。

  • 7
    外布の周囲をぐし縫いし、キルト芯、テレカをセットして引き絞る。

    ※内側にキルト芯を貼りたい人はこの時に一緒にセットし、両面テープで仮止めします
  • 8
    7に6を合わせます。

    細かくまつり縫いしていきます。

    ※粗いとぱくっと開いた時に縫い目がたわんで目立ちます。
    気にしなければお好きな粗さで^^
  • 9
    8を合わせていきます。
    まず3つの頂点をぴちっと合わせます。

    そこから1cm程しっかりと縫い閉じます。

    ※この部分が口の部分です。
  • 10
    底の2辺を閉じます。

    図の通り、パーツのやや中ほどから端に向けて縫って行き、端までいったら折り返してもう一方の端まで。
    また折り返し、玉止め。
    ※玉止めは内側に隠す。
  • 11
    最後に9で止めた反対の頂点をしっかりと縫い閉じ、1cm程縫い閉じます。

    ※力がかかる部分なので、頑丈に閉じて下さい
    ※口の閉じは大きさによって変えて下さい
    様子を見ながらお好みで
  • 12
    ※作成中写真はかなりサイズが小さいものです。
    ↑と、表紙写真のがテレカサイズです。

    縫い方は↑のようにかがり縫いで縫い目を見せてもかわいいです^^
    お好みでどうぞ

このハンドメイド作品を作るときのコツ

色々装飾をすると楽しいです^^
コツは一針一針丁寧に縫う事。
あまり裁縫が上手でなくてもきちんと出来上がり、結構綺麗です><

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

お菊さんの人気作品


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:1

  • お菊さん
  • 投稿者です。
    説明で使っている芯(テレカ)は、100均等でうっているファイルの表紙です。
    家に転がってたので使ってみました。
    下敷きでもよさそうですが、ファイルだと表、裏表紙で2倍以上とれるので、お奨めです。※ただし金具が余ってもったいない気分になります><
  • 2010/6/3 17:38


最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.