ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

残ったキルティング生地を綿代りにしたぷっくりリボン

お気に入りに保存 23人

投稿者: うさまゆ

残ったキルティング生地を綿代りにしたぷっくりリボンの作り方

このハンドメイド作品について

キルティング生地のあまり部分をそのまま捨てるのもなぁとおもってクルトン位の大きさに切って綿代わりに詰めてみました。
他にも綿代わりに色々使えそうですが今回は自分が欲しいなぁと思っていたぷっくりリボンにしてみました。

材料

  • リボン本体30×8
  • リボンベルト部分5×8程度
  • キルティング生地などを細かく切ったもの
    適量
  • 上記を使わない人は綿
    適量

作り方

  • 1
    余って捨ててしまうキルティング生地を細かく切っておきました。布なども入ってます。
    布なんかだけのときは綿と合わせてかさまし材料にするのもありかと。
  • 2
    *リボン本体の作り方*
    用意した布を半分に折り(15×8の大きさ)端1cmの所にミシンをかけ輪にします。
  • 3
    次に縫い目が中央に来るように配置し、縫い代は割ってアイロンを当てておいてください。その状態で上下を1cm縫います。
    どちらかに返し口を開けておいてください。
  • 4
    余分な縫い代や角を落としてひっくり返し①で用意したキルティング生地を詰めます。

    *この時端にしっかり、中央はスカスカ程度に入れると綺麗に仕上がると思います。
  • 5
    気が済むまで入れた後、開いてる部分を纏って本体は終了です。
  • 6
    別布も中表で周りを返し口を開けて縫い、ひっくり返して返し口を纏り、こちらはアイロンを充てておいてください。
  • 7
    別布をリボン本体に巻きつけて縫います。
    この時本体のリボンの中央部分をMの形に折りたたんでおくと綺麗な凹み部分になります。
  • 8
    完成です。お好みでシュシュやカチュームにアレンジしたりしてみてください。
    今回はシュシュにしました。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

今回は固めの布で作ったのでぼこぼこ感は少ないですが薄い生地だとどうしても綺麗な表面にはならないと思うので、生地は少ししっかりしたものの方がいいとおもいます。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

うさまゆさんの人気作品

「リボン 」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.