ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

Azuma-nu

お気に入りに保存 63人

投稿者: Etsu

Azuma<wbr>-nuの作り方

このハンドメイド作品について

京都/高山寺の『鳥獣人物戯画』のてぬぐい。
妹からのお土産。
なにか素敵なモノに変身させることは出来ないかな、と思っていたところ、
あずま袋を発見。
そして、持ち手に革紐を使用することで、長く使える一品に。

材料

  • てぬぐい(同サイズの布)
    2枚
  • 革紐
    15㌢(1㌢幅)
  • 少し太めの糸
    適宜

道具

  • 木槌 4本菱目打ち

作り方

  • 1
    まずは、てぬぐいを用意。
  • 2
    3等分にしまーす。
  • 3
    3等分した3/2を中表に合わせ、下側を縫い代1㌢で縫う。
  • 4
    もう一方の3/1部分も中表になるように折り込み、こちらは上側を1㌢の縫い代で縫う。
  • 5
    そして、表に返すとこんな形にできあがり。
    裏生地も同様に制作。
  • 6
    マチ部分を縫う。
    両端の角を、好きな寸法で。
    ※この作品は3㌢のマチ。
  • 7
    表に返す。
    裏生地と中表に合わせ、縫い合わせる。
    この時、15㌢ほど縫い残す。
    ※縫い残した部分が、表への返し口となる。
  • 8
    裏生地と合わせて、表に返すと定番のあずま袋完成!
    ただ、ここでは・・・、この後も作業がつづく。
  • 9
    そして、革紐を縫い付けて、オリジナル『Azuma-nu』バッグの出来上がり。
    使い込んで、革紐にも味が出てきますように。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

1番肝心なのは、最初の寸法設定!
今回使用したてぬぐいのような、柄に向きのある場合は、出来上がりの柄の向きを考慮に入れて制作するとGood!

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

「てぬぐいバッグ あずま袋」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.