ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

素焼きのベル

お気に入りに保存 5人

投稿者: bonjourhappy

素焼きのベルの作り方

このハンドメイド作品について

テラコッタ(素焼きばち)に色を塗って、ベルに見立てたかざりです。
アクリル絵の具で着色するので、いろいろな雰囲気のものを作ってみてください。
白で塗ったりすれば、ブライダルシーンでも応用がききます!!

扱い方で疑問があったら、とりあえず「くるみのかざり」を見てみてください。
リボンの作り方などは、そちらで説明しています。

アート・雑貨よりフラワーアレンジメントへカテゴリ変更しました。

材料

  • テラコッタ(素焼きばち)
    2こ
  • アクリル絵の具
    好きな色で
  • ふで
    必要な本数
  • ワイヤー
    ♯26、28くらい
  • フローラルテープ
    適量
  • リボン
    適量(1メートル~)
  • たけひご、わりばしなど
    5センチ程度
  • プリザーブドフラワー
    必要なだけ

作り方

  • 1
    アクリル絵の具でテラコッタに色を塗ります。地の色は2度塗りするときれいです。
    今日はフリーハンドでしましまにしました。
  • 2
    乾くのを待つ間に、お花にワイヤーをかけます。
    ワイヤリングにはいろいろな方法があるので、やりやすいやり方がある方はそれで行ってください。
    まずバラ。こんなふうにフックをつくって
  • 3
    バラの上から刺します。
    足が茎に出来るだけ近いとこから出てくるように。茎の中からがベストですが、やりなおしてぼろぼろになるんだったら、出てきたとこでよしにしたほうがいいです。
  • 4
    引き込むと、上から見るとこんなふうに全然わかんなくなります。
  • 5
    さらに、十文字になるように茎の膨らんだところへワイヤーを貫通させます。
  • 6
    下におって、ひとまとめにして
  • 7
    フローラルテープを巻きます。
    できるだけ、ワイヤーがみえなくなるように、しっかり根元のほうから巻いてください。
  • 8
    グリーンは、くるくるするかけかたと、Uピンでひっかけるのと、臨機応変に。
  • 9
    やわらかそうな葉は、鋭角なUピンを裏から葉脈(真ん中の太い筋)をまたぐようにひっかけます。引っ張りすぎると破れるので注意。
  • 10
    テラコッタが乾いたら、何か支えになるもの(木の枝とか割り箸とか)にリボンをこぶ結びにして、吊り下げられるようにします。
  • 11
    反対側も抜けないようにして、ベルを作ります。
    反対側は、先にリボンを通してから結ばないと後から通りません。わかってるけどたまにやっちゃいます。
  • 12
    リボンもつくり、お花と一緒にコサージ状にまとめ、足を二つにわけて、フローラルテープでまいておきます。
  • 13
    二つにわけた足で、素焼きから出ているリボンに巻きつけます。ぐらぐらしないように、しっかりときつく巻いてください。
  • 14
    できましたー!!
  • 15
    2本別々にリボンをつけて、上で結んで吊り下げるタイプも作ってみました。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

結構頑丈ですがテラコッタなので、あんまりばたばたするような場所に飾ると、割れちゃうこともあります。
なにかわからないことがあったら、下の欄に書き込んでくださればお答えします(そういう使い方していいのかな・・・)

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

bonjourhappyさんの人気作品

「テラコッタ」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.