ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

リバーシブル上履き入れ

お気に入りに保存 6人

投稿者: 奥山佳恵

リバーシブル上履き入れの作り方

このハンドメイド作品について

リバーシブルの上履き入れを作ってみました♪

表袋と裏袋のそれぞれがメインになるように、両面にワッペンを付けました。気分に合わせて裏返してください!

ひとつの袋で2倍楽しめる、おトクなカンタン上履き入れです♪

材料

  • お好みの布
    22×32cm 2枚ずつ
  • 持ち手用の布(デニム地など固い生地)
    8×28cm
  • ループ(太めが使いやすい)
    14cm
  • アップリケ用生地(フェルトなど)
    適量
  • 刺繍糸(お好みの色)
    適量

作り方

  • 1
    アップリケを作ります。気に入った形に切り取り、刺繍用にうすく下書きをしておきます。
  • 2
    アップリケにチェーンステッチで刺繍をします。

    水色と青色各3本ずつを合わせてみました。

    グラデーションになってキレイです♪
  • 3
    縫いしろ部分に注意をしながら、あまり端や下に寄せすぎないようにアップリケを本体に縫い付けます。
  • 4
    裏袋も同様にアップリケをして縫い付けます。

    ミシンのジグザク機能でアルファベットを縫ってみました!

    ジグザグの幅や細かさなどは事前に調整してみてください。カンタンです!
  • 5
    持ち手部分は内側に2cm折り、それをさらに半分にして縫い合わせ、幅を3cmにします。アイロンをあててから縫うとラクチンです♪

    縫い合わせたら縦を半分に折ります。
  • 6
    持ち手とループを付けます。

    アップリケを付けた面の上部・中央に、持ち手とループをそれぞれ付けます。

    持ち手、ループは内側に向くように付けてください♪
  • 7
    裏袋のループが付いていない生地と表袋の持ち手が付いている生地、裏袋のループが付いている生地と表袋の持ち手が付いていない生地をそれぞれ中表にし、縫い合わせます。
  • 8
    中表に縫い合わせたら、表に返してアイロンをかけます。
  • 9
    ちょっとメンドーかもしれませんが、こまめなアイロンで仕上がりがグッと変わるので、ぜひ!
  • 10
    表袋と裏袋を中表に合わせ、返し口を残してグルッと一周、周りを縫い合わせます。
  • 11
    このとき、袋と袋の間の縫い代を、アイロンをかけて割っておきます。

    縫い合わせるときにラクですよ♪
  • 12
    返し口を残して、グルッと一周縫い合わせました。
  • 13
    角をつまみ、端から3cmの部分を縫います。

    これでマチが出来ます。

    立体になり、物が入れやすくなるので便利です♪
  • 14
    4つの角のすべてに、マチを付けます。
  • 15
    返し口から表に返し、アイロンをかけて形を整えます。

    返し口をまつり縫いして、完成—!

このハンドメイド作品を作るときのコツ

表袋と裏袋の口を合わせる部分さえ間違えなければ、カンタンです!

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

奥山佳恵さんの人気作品

「リバーシブル」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.