ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

樹脂ストラップ*

お気に入りに保存 287人

投稿者: tekara

樹脂ストラップ*の作り方

このハンドメイド作品について

エポキシ樹脂でチャームを閉じこめたちっちゃなストラップです*
樹脂を扱ってから、その自由度がおもしろくて色々なものを固めて楽しんでいます♪
http://tekara.exblog.jp/(←blogに他のアイテムもアップしています)
友達が作ってみたいと言ってくれたので、作り方とポイントを細かくメモしておきます^^

材料

  • エポキシ樹脂(ハンズなどで売っています)
    説明書を参考に適量
  • 浮かべるチャームやパーツ
    適量
  • チャーム用貼付けパーツ
    1つ
  • バチカンやストラップパーツ(お好みで)
    1つ
  • タミヤカラー(お好みで)
    適量
  • 多用途接着剤
    適量
  • シリコン製氷器(無印良品などで売っています)
    適量

道具

  • デジタルスケール
  • ヤスリ(爪ヤスリなど)

作り方

  • 1
    レジン樹脂を添付の説明書の対比で主剤と硬化剤を混ぜ合わせる。(ものによって10:5だったり10:4だったりします)
    ※少量の際はデジタルスケールなどを使って、正確に測ってください。
  • 2
    よく混ぜ合わせたら、湯煎等であたためて気泡を抜きます。
    ※これをしておいた方が、仕上がりが透明でキレイになります。
  • 3
    樹脂に気泡がなくなりサラサラになったら製氷器に少しだけ樹脂を入れ一日くらい放置して硬化させます。
    ※すぐにパーツを入れて固めてもいいのですが、その場合パーツが下に沈殿します。
  • 4
    翌日、樹脂が固まったらお好みのパーツを置いて再び樹脂を流し、爪楊枝で位置を補正します。

    パーツを層にしたい時は何日かこれを繰り返します。
  • 5
    色を着けたい場合は、湯煎から冷ました樹脂にタミヤカラーなどの染料を一滴たらし混ぜます。
    写真の作品では底になる層だけ不透明色で着色しました。
  • 6
    最終的な樹脂の量はこのくらいが目安です。

    気泡が現れたら爪楊枝でつついて消します。
  • 7
    固まったら製氷器から外し、底のバリをヤスリなどで削り平らにします。
  • 8
    裏部分にチャーム用貼付け板を接着します。
    接着剤は金属と樹脂が付くタイプのものをお使い下さい。

    使いかけの樹脂がある場合は、それを接着剤にすることもできます。
  • 9
    バチカン、ボールチェーンなどを付けてできあがり!

このハンドメイド作品を作るときのコツ

レジンは商品によって扱い方が違うので、付属の説明書の注意事項をよく読んでください。
その日使う分量だけレジンを混ぜ合わせてください。層にする場合はかなり少量ごとになると思います。
完成まで地道に時間がかかりますが、型から外す瞬間のワクワクがたまりません♪

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

tekaraさんの人気作品

「樹脂」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:2

  • tekaraさん
  • >Nemuさん
    はじめまして☆嬉しいコメントありがとうございます♪

    デザイン科にいたものの、全然デザインの勉強をせずに遊びと落書きに明け暮れていましたが。。。(笑)そう言って頂けると有り難いです^^*

    Nemuさんの作品も楽しみにしています♪
  • 2010/6/27 22:11
  • Nemuさん
  • はじめまして!!
    とてもきれいな、作品ですね!!
    さすが、デザイン科の学校を卒業したお方・・・!!
    私もこのような作品が作るれるよう精進します!!

    こらからも頑張ってください!!
  • 2010/6/27 01:32


最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.