ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

お直し*スーツ編 ダブルの裾をシングルに

お気に入りに保存 5人

投稿者: mihothanku

お直し*スーツ編 ダブルの裾をシングルにの作り方

このハンドメイド作品について

毎日してくれるスーツ。お気に入りのスーツほど、着てるうちにほつれたりしがちですよね。特にズボン!!ジャケットはまだ着れるのに、ズボンのために買い替え、、、なんてもったいない!裾が擦り切れても、まだ履ける方法、ありますよ♪(※もちろん丈の長さは変わりません^ー^)

材料

  • お直しのズボン
    1着
  • 同色の糸
    適宜
  • しつけ糸
    適宜

道具

  • ミシン、ものさし、はさみ、チャコ、縫い針

作り方

  • 1
    ダブルの折り返し部分にとめてある糸(またはスナップ)を、リッパーでほどきます。
    伸ばしてたまっているホコリを取ります。
  • 2
    出来上がり線(元の裾線)にしつけ糸をかけます。二枚重なっているので、上の一枚だけ、ぐるっとしつけをします。裏へひっくり返します。
  • 3
    後ろズボンの裾に、細長い布が張り付いています。これを「靴擦れ」と言うそうです。これをほどいて取ります。折り代を止めている部分もほどきます。(図5参照)
  • 4
    折り代を伸ばして、アイロンをかけます。
  • 5
    しつけ通り、出来上がり線でおります。裾から擦り切れた部分まで、約7cm折り返しがとれました。チャコで印をつけて、裁断します。
    縁かがりをします。
  • 6
    靴擦れが切れて使えないので、切り取った部分で新しく作ります。ロックがかかっている所はそのまま使い、15cm×2cmに1cmの縫い代をつけて裁断します。縫い代をアイロンで折ります。
  • 7
    靴擦れの中心線と後ろズボンの中心で合わせてマチ針を止めます。靴ずれの止め方は図を参照して下さい。しつけをします。
    靴擦れをつけることにより、布の擦り切れを防ぎます。
  • 8
    靴擦れを縫います。(端から1~2mmのところ)
    ズボンは裏側へひっくりかえして、表から縫います。
  • 9
    裾を出来上がり線で折り、まつり縫いをしたら出来上がり♪

このハンドメイド作品を作るときのコツ

今回は、靴擦れの付け方がポイントです。補足→

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)
#スーツ , #お直し , #エコ ,

mihothankuさんの人気作品

「スーツ」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.