ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

きらきらラインストーンのゴムベルト

お気に入りに保存 14人

投稿者: kulmilkk

きらきらラインストーンのゴムベルトの作り方

このハンドメイド作品について

スカートに付属しているリボン。私的には可愛くなりすぎるので、つけないことが多いのですが、結構集まってしまって・・・。
ゴムベルトを作ろうと思い立ったときに、このリボンを使うことを思いつきました。
クローゼットに眠っていたリボンをリメイクして、ファッションのポイントに♪
簡単に作れるように工夫しました。

材料

  • スカートについてくるリボン(袋状になっているもの)
    1本
  • 織ゴム(2.5cm幅)100均で買えます
    ウエストに合わせて
  • 飾り用のビーズなど
    適量
  • 前かん(スカートのホック)
    一組

道具

  • 縫い糸
  • 縫い針
  • ボンド
  • 紐通し(なければ安全ピンなど)

作り方

  • 1
    ゴムベルトの長さを決めます。
    ウエストへのフィット感を考えながら、ゴムをちょっと伸ばしながらちょうど良い長さにしてください。ホックの重なり部分として3cmぐらい長めにカットします。
  • 2
    カットしたゴムの切り口にボンドをつけて、ほつれ止めをします。
  • 3
    袋状になっているリボンの端を、両方解いて、筒状にします。
  • 4
    1でカットしたゴムをリボンに通します。全部通したら、ギャザーがキレイによるように、手でしごきます。両端がリボンの中に入ってしまわないように、安全ピンなどで留めておきます。
  • 5
    リボンの端を内側に織り込むようにして、ゴムと一緒に縫い閉じます。両端を縫い付けます。
  • 6
    ウエストに巻いてfヒット感を確かめながら、前かんをつける位置を確認します。両端に、前かんを縫い付けます。
  • 7
    着けたときに上になるほうに、縫いあとを隠すように飾りをつけます。ラインストーンをつけましたが、ビーズでもボタンでも、リボンでも良いと思います。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

ポイント1:使用するリボンは一枚のものではなく、縫い合わせてあるものを利用します。(リボンを縫い合わせる手間を省きます。)
ポイント2:ゴムの幅は、リボンの幅に合わせます。(ゴムとリボンの幅が近いと、ゴムを通したときに自然にギャザーがよります。)

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

kulmilkkさんの人気作品

「リボン」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.