ログイン(エキサイトID)新規登録

エキサイトブロガーハンドメイド作家特集 Vol.16

2008年12月07日16時01分
プロ・アマチュア問わず、実はハンドメイドの達人が多く利用していることでも有名なエキサイトブログ。今回はそんなエキサイトブロガーから、選りすぐりのハンドメイド作家の方々の、とっておきのアトリエをご紹介。洋裁、編み物、手芸、ミニチュア雑貨、フラワーアレンジメント……様々な分野で活躍するブロガーたちの、それぞれの手作りのルーツとは?

第十六弾も、ハンドメイドを愛してやまない素敵な作家兼ブロガーさんにご登場いただきます!


♯1 ヨーロッパの香りが漂うヴィンテージ素材で、大人のかわいらしさを演出―「佐藤香織の小さな手仕事」の佐藤香織さん


希少価値の高いビーズやシルクボールをメインに、オリジナルアクセサリーをデザインする佐藤香織さんの登場です!

佐藤香織さん
外資系商社でのOL時代にヴィンテージビーズに魅せられて、2000年よりアクセサリーデザイナーとしての活動をスタート。大人のかわいらしさをテーマに、ブライダルから日常までさまざまなシーンのアクセサリーを制作。個展のほか、百貨店で開催のビーズアクセサリー展へ多数参加。ブライダル雑誌やビーズアクセサリー誌への作品提供。自宅や委託ショップで、アクセサリー&かぎ針編みのレッスンを開催。
webショップ「 Scintillerk(サンティエ・ケイ)」ではオリジナルデザインのキットも紹介・販売。

「佐藤香織の小さな手仕事」



アトリエの一角の棚。「手作りしたアクセサリーとお気に
入りの小物を飾っています」

――手作りをはじめたきっかけは?

子どもの頃は特に手芸が得意というわけではなく、小学校のときに友達と一緒にビーズで小さなお花の指輪を作ったことがあるぐらい。家庭科でもかぎ針編みや刺繍を習ったことがある程度だったので、OL時代にアクセサリーを作りはじめたことが、私の手作りのはじめの一歩だったかもしれません。

アクセサリー作りのきっかけは、渋谷で偶然素敵なビーズ屋さんの前を通りかかり、パリの香りが漂う空間にドキドキしながら足を踏み入れたことでした。それまでビーズといっても簡単なものしか作ったことがなかったのに、その世界に浸りたい一心で、お世話になっている方へのプレゼントに「何か作りたい!」と、キットを購入。それ以来、すっかり楽しくなって、毎日のようにビーズ屋さんへ通いつめ、ビーズマニアにまっしぐら…(笑)。会社での仕事はそこそこに(苦笑)、眠る時間を忘れ、夜な夜な、とにかくたくさんのアクセサリーを作りつづける日々でした。

かぎ針編みもアクセサリーを作るようになってから、改めて興味を持つようになりました。母に教えてもらったことはありませんが、母のおさがりのかぎ針セットを今も大事に使っています。

――得意な分野は?またその分野に興味をもったきっかけは?

ヴィンテージビーズやシルクボールなど希少パーツを使ったアクセサリー作りです。ヨーロッパに旅したときにそんな希少な素材と出会って、ますますアクセサリー作りが楽しくなりました。
得意なハンドワークは、ワイヤーワーク。特にゴールドの手芸用ワイヤーは、私のアクセサリー作りにかかせない存在です。ワイヤーをねじって、お気に入りのパーツを組み合わせたりしてブローチを作ったり、かぎ針で編んでブレスレットやベルト、オブジェを作ります。また、太いワイヤーも、名前やshop名を作ってネームハンガーを作ったり、かぎ針で編んでランプシェードを作ったりもします。

はじめての仕事として、アクセサリーのレシピを提供させて頂いた時(『ファンタジック・ビーズ・コレクション』/日本ヴォーグ社)、編み図もわからないのに、小学校以来久しぶりにかぎ針を持ち、糸ではなくワイヤーを編んで、コサージュやブレスレット、チョーカーを作りました。それからは、すっかりCrochet(かぎ針編み)のとりこにもなりました。
ワイヤーも編むことによって、あたたかみのあるやわらかい雰囲気が出るので、とっても不思議で、最近はその魅力にどんどんひきこまれています。



(左)アンティークの羽根飾り、スパンコール、レースを使ったブローチ「Plumet」。「お気に入り作品の一つです」
(中)ウエディングアクセサリーの「ショート・ヴェール」。「花嫁がヴェールをとった後でも、アップした髪にさりげなく着けていた
だけるコームです」
(右)ワイヤーで編んだ小さなドレスのオブジェ。「アクセサリー以外にこんなプチオブジェも作ります。後ろにかかっているドレスは
以前作ったもの。ワイヤーの色がいい雰囲気に変化していくのも楽しめます」



シルクボールにビーズ、かごパーツを使ったブローチ
「Panier」。「軽やかでかわいらしく、夏らしいアクセサリ
ーに仕上がりました」
――ヴィンテージアクセサリーの魅力&自分らしい作品づくりのポイントは?

鈍い光、微妙な色合い、独特の風合い。ヴィンテージビーズには、長い時を経て醸し出されるそんな魅力があるように思います。
また、希少価値の高いシルクボールは、私の一番のお気に入りパーツです。インテリアの装飾などに使われていたもので、シルクに限らず、コットン製のものもありますし、丸型に限らず、細長いもの、半球のものなど、カタチもさまざまですが、私はすべてシルクボールと呼ばせていただいています。
表参道のビーズ屋さんで、ほかのものに混ざって売られていたものを見つけてから、あまりに素敵なので、ずっと探し回っていました。数年経って、ロンドンのアンティークマーケットの中でレースなどに混ざって売られているのを見つけて以来、パリの蚤の市でも、シルクボールを特に探し続けています。

とはいえ、私が作るアクセサリーは、ヴィンテージとかヨーロッパのものと限定せず、そんな雰囲気を感じるもの、色合い、質感に私自身が魅力を感じるものだったら、何でも使います。ヴィンテージのビーズやシルクボール、レース、リボン、ボタン、シャンデリアパーツ、ワイヤー、金属パーツなど、さまざまな素材のものを合わせて、大人の女性が持ってもかわいらしい異素材ミックスのアクセサリー作りを楽しむのが、私らしさといえますね。

――他の分野で挑戦してみたいものは?

針仕事は苦手なのですが、知り合いのクリエーターさんに、のんびりペースで刺繍を教えていただいているので、そちらもがんばって勉強したいと思っています。
いつかアクセサリーの素材として、またプライベートで自宅のインテリア小物を作れたらうれしいですね。

――これから作ろうとしているもの、また今後の展開を教えてください。

アクセサリーやバッグ、雑貨にも、今までよりもっとかぎ針編を取り入れて、赤ちゃんやペットの小物なども作っていきたいです。
私もはじめのころは編み図がわからなかったのですが、私と同じように「編み図がわからないので、興味があってもはじめられない」とおっしゃる方がたくさんいらっしゃると思います。そんな皆さんにも不安がらずに気軽に楽しんで頂けるような、わかりやすいキットのご紹介やレッスンなども、もっと取り組んでいきたいと思っています。
そして、おばあちゃんになっても、アクセサリー制作やかぎ針編み、そして、ブログを楽しんでいられたらいいですね。






続いて、アンティークレースや刺繍、革をほどこした布使いのバッグや小物が素敵なsilver--spoon*akiさんの登場です!



1 2 3 >>

ビンテージビーズ , エキサイトブロガー , アンティークレース , ハンドメイド , 手織り , アクセサリー , ウォルドルフ人形 , バッグ , 羊毛 , 刺繍 ,

ピックアップ

最新情報を
SNSでも配信中♪

twitter

ピックアップ

ハンドメイドで春を作る♪レシピ投稿コンテスト

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.