みんなで作る手芸やハンドメイド作品、雑貨の作り方ポータル

アトリエ

powered by Woman.excite

マカロンポーチその1

投稿者: kappa-do

難易度:★★★☆☆

投票
  • (47)
  • (19)
  • (9)
  • (10)
  • (85)

作品紹介

より形が綺麗に仕上がる縫製にこだわって見ました^^
ひも通しを付けないタイプのマカロンポーチです。

材料

  • 表布(綿麻無地)
    15×10cm
  • 中(内)布(木綿プリント布)
    15×10cm
  • 接着キルト芯
    15×10cm
  • 厚手接着芯
    5×10cm
  • プラ包みボタン40mm
    2個
  • 玉付きファスナー12cm(金古美)
    1本
  • ボールチェーン12cm(金古美)
    1本
  • アイロンdeフロッキー
    好きな柄

作り方

  • 1
    表布を準備します。
    窓空きの型紙を使います。一番外側の裁ち線を水で消えるペンなどで印します。刺繍などする場合は、内側の出来上がりの線を水で消えるペンで印、刺繍しておきます。
  • 2
    今回のデコレーションはキャプテン株式会社から出ている、アイロン転写のフロッキーモチーフを使います。
  • 3
    窓の中にモチーフを配置します。
    配置したらそっと型紙をはずし、使用方法に従ってアイロン転写します。
  • 4
    転写し終えたところ。
    今回は上下のある柄を使っていますので、仕立ての際にモチーフの位置を間違えないように気をつけます。
  • 5
    表布の裏に接着キルト芯をアイロンで布の表側から貼ります。
    別珍などの起毛素材やアイロンをあてるのが難しい場合は、このまま待ち針を打ち、裁ち線から5mm内側を並み縫いをしておきます。
  • 6
    裁ち線通りに切り抜いて、表布の準備は完了です。
  • 7
    表のパーツを作ります。
    6で出来た表布の5mm内側を縫い糸2本取りで並み縫いします。(わかりやすくするために赤い糸を使っています。生地にあった色の糸を使ってください)
  • 8
    並み縫いの最後は一針か二針重ねておくと引き絞るときに綺麗に仕上がります。
  • 9
    包みボタンの凸側が表面になるように表布の裏に置き、糸を引き絞ります。
  • 10
    引き絞ったあと玉止めをします。
  • 11
    表のパーツが出来上がりました。
  • 12
    内布を準備します。
    厚手接着芯の表面に水で消えるペンで型紙を使って裁ち線を印します。裁ち線通りに裁断します。
  • 13
    中布の裏面に型紙を使って裁ち線と出来上がり線の位置を印します。
  • 14
    プリント布の裏面、出来上がり線の内側に、12の切り抜いた厚手接着芯をアイロンで貼ります。
  • 15
    厚手接着芯を貼り終えて中布の準備が出来ました。
  • 16
    長辺側を5mmの幅にアイロンでおります。
  • 17
    反対側も同様に折り、隠し布の準備が出来ました。
  • 18
    裁ち線から5mm内側を並み縫いして、接着芯用の型紙をくるんで糸を引き絞ります。この際、型紙は出しますので玉止めはまだしません。
  • 19
    アイロンで抑えて、形を整えます。
  • 20
    型紙を取り出したあと、アイロンで形を整えた状態に糸を引いて形を再度整えます。
  • 21
    もう一枚も同様にして作り、中のパーツが出来上がりました。
  • 22
    ファスナーの準備をします。
    ファスナーを裏返し、ファスナー止まりの金具から5mmの位置に印を入れます。
  • 23
    ファスナーの端と端を中表に合わせて、印にそって輪に縫い合わせます。
  • 24
    ファスナーの端を縫ったところから4mmの幅で裁ち揃えます。
  • 25
    縫い代をアイロンで割っておきます。
  • 26
    隠し布は縫い代をくるむように合わせます。
  • 27
    隠し布の端をファスナーにまつりつけます。(赤い糸でわかりやすいように縫ってありますが、ファスナーの色に合わせた糸を使ってください)
  • 28
    隠し布がついたところを表から見た画像。
  • 29
    裏に返したままの状態でファスナーの端をぐし縫いします。
  • 30
    ファスナーの歯の部分から5mm内側に接着芯の型紙の端があたるようにして糸を引き絞ります。
  • 31
    ファスナーの準備が終わったところ
  • 32
    中パーツをファスナーに縫いつけていきます。
    ファスナーの歯から5mmの位置に中パーツを縫いつけます。
  • 33
    ファスナーの歯から5mmはいったところはちょうど、ファスナーの土台布の織り目が変わっているラインになります。(矢印のところ)32の画像も参照してください
  • 34
    画像のように、中パーツの折山とファスナーの歯から5mmのところをコの字で綴じていきます。
    (ファスナー側は織り糸1本分ぐらいで十分です)
  • 35
    中パーツを縫いつけ終わったところ。
    表に返しファスナーを締めます。
  • 36
    後でスライダーにボールチェーンを通すので、まずスライダーをつまみ上げて真上になる位置を確かめ、そこに表パーツの上を合わせます。マカロンポーチその2に続きます

この作品を作るときのコツ

直径40mmの円周は126mmなのですが、キルト芯を入れてくるむことによって直径が45mm(円周141mm)にまで増えています。表パーツを縫いつける際は、表パーツの気持ち裏面側に縫い付けるようにするとファスナーの長さと合うようになります。
ご質問に関して。
材料にある型紙、型紙を切り抜いたところをご参照ください。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

関連作品

全部見る>>

この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:1

  • TAKEACHIYO☆さん
  • ご質問お願い致します
    窓付きの型紙の作り方を教えていただきたいのですが 可能でしょうか?
    よろしくお願い致します
  • 2012/1/19 02:46


ソーイング」カテゴリ

全部見る>>

生徒数ランキング

  1. 1617人 rikaさん

    rika
  2. 1396人 MaMan*さん

    MaMan*
  3. 1328人 chirinさん

    chirin

一覧へ>>

通報

記事の内容・コメント等に、著作権違反や名誉毀損、個人情報漏洩、公序良俗に反する疑いのあるものがありましたらご連絡ください

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2014 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

//$('#button').on('click', function() { // ga('send', 'event', 'button', 'click', 'nav-buttons'); //});