みんなで作る手芸やハンドメイド作品、雑貨の作り方ポータル

アトリエ

powered by Woman.excite

フリルいっぱい春パジャマ♪

投稿者: mihothanku

難易度:★★★☆☆

投票
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (5)

作品紹介

肌触りのよいコットン素材を使って、春らしいパジャマを作ってみました。
優しい雰囲気の花柄の布に、大人っぽいフリルをあしらって。ポケットにはさりげなくリボンをつけています。(*^ー^*)ズボンは七分丈にして裾にもフリルをつけています。(サイズ9号 肩幅はぴったりしています)

材料

  • 生地(綿100%)
    3.5m
  • ミシン糸
    適宜
  • 接着芯
    およそ10cm×60cm
  • ゴム幅9mm
    ウエスト1.4~1.5倍
  • しつけ糸
    適宜

道具

  • はさみ、ものさし、目打ち、まち針等
  • 消えるチャコペン
  • ミシン

作り方

  • 1
    資料の通りに型紙をとり、裁断します。これが一番大変な作業ですが
    終わっちゃえば半分できたと同じです!頑張って☆(資料はクリックすると拡大します。)
  • 2
    襟ぐりと前身頃の見返しに芯を貼ります。襟ぐりの見返しを合わせて縫い、縫い代を開きます。
    襟ぐりの見返し(外側)と身頃の肩にロックをかけます。
  • 3
    前・後身頃の肩と肩を縫い合わせます。
    見返しを折り、アイロンをかけます。写真の様に、縫い線をチャコで書き足します。
  • 4
    襟ぐりの見返しと、見頃の見返しを合わせて縫います。
  • 5
    身頃の襟ぐりと見返しを中表に合わせます。
    襟ぐりの後中心→肩線→見頃の見返しの順にまち針を打ち、間もこまかく打っていきます。ミシンで縫います。
  • 6
    縫い代を切りそろえ、カーブに細かく切り込みを入れ、見頃側にアイロンで倒します。
  • 7
    表に返し、角を目打ちできれいに出します。襟ぐりの見返しが表から見えないように1mm控えアイロンをかけます。 裾から20cm位上から襟にかけてぐるっとしつけをします。
  • 8
    袖をつけます。前と後ろを間違えないように、袖山中心と肩線を合わせ、まち針をうち、しつけをかけて縫います。袖ぐりの縫い代部分は図のように斜めに縫います。
  • 9
    縫い代を2枚一緒にロック、または縁かがりをします。
    袖ぐりのキワに表からステッチをかけて、落ち着かせます。
  • 10
    脇を縫います。袖口から見頃の裾までミシンをかけて、縫い代の始末をします。(2枚一緒に縁かがり)縫い代を前へ倒します。
  • 11
    身頃のフリルを作ります。フリルの長さが足りない時は、継ぎます。伏せ縫いにするときれいです。(図参照)
    フリル片側にはロックをかけます。端は三つ折りして縫います。
  • 12
    ロックをかけたところから1cm下に消えるチャコペンで線をひき、線の上下に、粗い目で2本ミシンを縫います。最初と最後の糸は長く残して下さい。
  • 13
    もう一方の端は5mm折ってアイロンをかけ、さらに倒して、目打ちで押さえながらミシンで縫います。
  • 14
    フリルの長さを4等分にし、しつけ糸で印をします。見頃の裾も4等分して印をします。フリル1/4と裾の1/4が同じ長さになるように、フリルの糸を引っ張って均等にギャザーを入れます。
  • 15
    写真のように中表にフリルをとめていきます。端は写真のように見返しに挟みます。
    フリル側から、消えるチャコで線をつけた上を縫います。下になる見頃はひっぱり気味に。
  • 16
    フリルを表から確認し、つまんでないかチェックします。ギャザ-を入れるために縫った糸はほどきましょう。
    表からステッチをかけてフリルを落ち着かせましょう。
  • 17
    袖口にフリルをつけます。フリルの作り方は見頃と同様ですが、今回は輪っかにしてから、ギャザーを作ります。袖口の幅になるように、均等にギャザーを寄せ、縫いつけます。
  • 18
    身頃のフリルと同様に、表からキワにステッチをかけて落ち着かせます。
    仕上げです。見返しが浮かないように、図のようにミシンでぐる~っとステッチをかけます。
  • 19
    ポケットをつけます。裏に接着芯を貼ります。形はお好みで♪今回はリボンをつけてみました。縫いつける時、裏にハギレを丸く切ったもの(力布)を上端につけると強度が強くなります。
  • 20
    ボタンホールとボタン6個をつけて出来上がり♪女性の洋服は着た時にボタンが左側につきます。
    ボタンホールの作り方は各ミシンの説明書を見てください。
  • 21
    次はズボンです。まずゴム通しの部分に印をつける作業をします。ズボンは折り返すと幅に差が出るので、ゴム通しのところを写真のように折って縫い線を書き足します。
  • 22
    4枚全部にロックまたは端ミシンで端の処理をします。①、②、③と裾全部。
    (ロックミシンをご使用の方は、③の部分はかけないでください。)
  • 23
    ズボンを片足ずつ縫います。前と後ろを中表に合わせて2組み作ります。それぞれ①と②を縫い合わせます。ゴム通しのところは空けます。縫い代は割ります。方足分だけ表へ返します。
  • 24
    表に返した一本を、もう片方に入れ、中表にして合わせます。股上を縫います。縫い代を割り、ロックミシンの方はここで、端の始末をします。(縫い代が揃ってきれいなので)
  • 25
    ズボンの裾にもフリルをつけます。つけ方は袖口と一緒です。
  • 26
    ゴム通しです。端を1cm折り、さらに3cm折り、アイロンをかけます。まち針でとめます。ゴム通し口は開けてミシンで縫います。
  • 27
    真ん中にもう一本ミシンで縫い、ゴムを2本通します。ゴムは履きながら調節するとよいでしょう。
    出来上がり!!
    お疲れ様でした☆☆☆

この作品を作るときのコツ

上下作るので大物ですが、難しい技術ではありません。工程に沿って少しずつ進めれば、初心者でもきっときれいに仕上がるはずです。この一着で、見返し、ギャザー、簡単なズボンの作り方をマスターできますよ!!
ご質問はいつでも当ブログまで♪  http://sewingblog.exblog.jp/  

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

関連作品

全部見る>>

この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



ソーイング」カテゴリ

全部見る>>

生徒数ランキング

  1. 1618人 rikaさん

    rika
  2. 1396人 MaMan*さん

    MaMan*
  3. 1330人 chirinさん

    chirin

一覧へ>>

通報

記事の内容・コメント等に、著作権違反や名誉毀損、個人情報漏洩、公序良俗に反する疑いのあるものがありましたらご連絡ください

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2014 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

//$('#button').on('click', function() { // ga('send', 'event', 'button', 'click', 'nav-buttons'); //});